米国市場動向と東京市場、日本株の見通し



■今日はどうなる? あの株、この株、東京市場

[4月27日朝刊

NYダウ、NASDAQともに小幅反落
前日の大幅高で利益確定売り
東京市場、4日連騰で戻り売り圧力強い
GW直前も意識され一服へ

NYダウ21・03ドル安、NASDAQ0・26ポイント安。
26日の米株式相場は両市場とも小幅安となった。
しかし下げ幅は小さく、特にNASDAQは実質前日比変わらずだった。
そんな展開に終った要因も特別なものはなく、
前日まで大幅高していたため、利益利益確定売りが出た。
こういうことになる。
ムニューシン財務長官とコーン国家経済会議(NEC)委員長が記者会見で連邦法人税率の35%から15%への引き下げなどを柱とする税制改革案を発表したものの、
そうすることはすでに前日分かっていたことだったために市場はほとんど反応しなかった。
ただ個別には決算発表で大きく株価が変動した銘柄があった。
日用品のプロクター・アンド・ギャンブル、航空機大手のボーイングなどです。

以上のような動きを受けて今日の東京市場はどうか。
4日連騰したことで市場ムードはかなり明るくなっている。
しかし目先GWが控えていることを考えれば、積極的に買いを入れるのはためらわれる状況。
そのため今日は利益確定売りに押される展開。
こうなる可能性が高いといえますが、北朝鮮リスクが大きく後退したことで、
特に売り材料もなくなっており、下げても小幅に終る。
つまり適度な一服が入る一日。
こう見ています。

「この記事は 参考になった ! 」という場合はお手数ですが、
下のブログランキングボタンをクリックしていただけると助かります。

人気ブログランキングへ←応援クリックで次回の投稿にも気合が入ります


夕刊は以下の無料ルマガで読めます

メルマガ登録・解除
北浜流一郎の「一株開運」資金倍増株リッチ新聞
????読者登録規約
>> バックナンバー
 



■北浜流一郎の株リッチ放送局、トップページへ